• ホーム
  • 「アンバサダーマーケティング」で商品の認知度を上げる!その方法とは?

「アンバサダーマーケティング」で商品の認知度を上げる!その方法とは?

2019年07月17日
パソコンでSEOを診る女性

ソーシャルメディアを舞台にした口コミの拡散力は無視できない存在になっており、新たなマーケティング手法の登場と見ています。芸能人やオピニオンリーダーでもない一般人のアカウントの影響力も、活用次第では大きなコンバージョンにつながる可能性を秘めているのです。そんななかで最近、活用する企業が増えているのがアンバサダーマーケティングです。今後も導入する機会が増加すると見込まれている、新たなマーケティング手法になります。うまく活用することで商品や企業の知名度を大きく挙げることが出来ます。そこで昨今注目を集めるアンバサダーマーケティングについて、その手法や留意点などについて御紹介します。

アンバサダーマーケティングとは、アンバサダーつまり企業にとっての大使の役割を体現する個人に商品サンプルなどを使用してもらって、SNSやブログ上で口コミを拡散してもらうマーケティング手法のことです。実際に消費者に商品サンプル使用してもらった上での口コミは、抵抗感なく受け入れてもらえるのでアンバサダーを増やしながら、自然に口コミが拡散することを期待します。
具体的にはまず自社の商品サンプルを提供するアンバサダーの募集を行います。次にユーザーの数がある程度確保できた段階で、イベントを開催します。ファンを集めたイベントの場においてアンバサダーに商品サンプルを提供して、実際の生活で使用してもらい、感想をSNSやブログで感想を発信してもらよう投稿依頼を行います。

アンバサダーの選定はリピーターを中心にしたユーザーなので、自社商品のファンの場合が一般的です。アンバサダーには、SNSやブログ上に感想を投稿依頼して感想を情報発信をしてもらうことになりますが、重要なのは戦略的に自社商品を応援してもらうことにあります。リピーターやファンのなかからアンバサダーを募集するときには、単に自社商品のファンで好感をもっているだけではなく、違う視点で戦略を構築する必要があります。

アンバサダーには商品を介在した顧客の延長線上の存在ではなく、自社の商品の宣伝スタッフの気持ちになってもらうことが大切です。例えばアンバサダーが参加するイベントは、単に商品サンプルの投稿依頼などに尽きるものではなく、開発スタッフの開発時の苦労話などをヒアリングしてもらったりして、良好な人間関係を構築するなどが想定されます。アンバサダーは単なる自社のファンから一歩高みの存在であることを認識して戦略をねるべきです。

関連記事
動画アプリ「TikTok」はマーケティングに活用できるのか?

TikTokは10代から20代の若年層から圧倒的支持を集める動画アプリになります。コア年齢層が10-20代の若年層に集中しているのは、その動画アプリの斬新な機能や使い勝手を配慮したインターフェイスにあります。最近のモバイル端末の主流はアイフォンやアンドロイドなどのスマホで、10-20代の若年層では保

2019年08月22日
インフルエンサーマーケティングのメリットとデメリットを解説します

インスタグラムやツイッターなど各種のソーシャルメディア(SNS)やブログのなかには一般人でありながらも、インターネット上での発言や行動が大きな影響力を発揮している場合があります。このような立場にあるひとのことを特にインフルエンサーと呼んでおり、彼らのインターネットを通じて獲得した影響力を利用するマー

2019年08月06日
ビジネスで使うSNSの賢い運用方法を大解説!

ソーシャルメディア(SNS)の意義は、従来は広告や情報発信のフィールドにおいて常に受け手の地位に甘んじていた一般ユーザーが、気軽に発言する場を確保することができた点にあります。SNSは簡単にアカウントを取得することができ、自分に関心のあるジャンルに対応するメディアを選ぶことで、いつでも自由に日常生活

2019年07月01日
インスタをAIで自動運用!ハッシュライクスで効率的にマーケティングできる

インスタグラムは写真や画像・短時間の動画などが主要なコンテンツのSNSなので、おしゃれや旅行先などの写真栄えするシチュエーションでのリアルタイム投稿などに利便性が高い特性を持っています。フォロワー同士がタイムライン上で写真や画像を共有することで、それぞれのフォロワー同士がつながりをもち交流を深めてい

2019年06月13日
インスタ?ツイッター?SNSの種類と特徴をそれぞれご紹介!

インターネット空間におけるウェブサイトへのトラフィックの経路は、従来は検索キーワードをもとに表示されて結果表示がほとんどを占めていました。ところがソーシャルメディア(SNS)の登場とスマホなどのモバイル端末の急速な普及により、状況は大きく様変わりすることになりました。いつでもどこでもインターネットに

2019年06月03日